こんにちは
大晃サービスです。

介護にかかる費用は
要介護者自身の収入や預貯金から
まかなうのが原則です。

医療費や介護保険のサービス利用料、
おむつ代など、介護をはじめると
さまざまな費用が必要となります

 

遠距離介護の場合は
実家に帰省するための交通費も
バカになりません。

 

こうした費用を介護する側である家族
なかでも子ども側が負担し続けていくのは
厳しい話です。

 

 

無理を重ねて介護費用を何年も
負担し続けた結果、自分自身が
要介護状態となったときにまったく
お金が無いといった悲劇も珍しくありません。

 

介護に必要となる費用は
原則として要介護者の収入や預貯金
資産などからまかなうようにしましょう

 

それだけではどうしても不足する
場合のみ、子ども側に無理がない
範囲で費用の援助を行うと
いった考え方が重要です

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加